除毛クリーム使用のメリットデメリット

カミソリでムダ毛をそっても、よく見ると毛穴に黒い「毛の切り口」が残って見えてしまうことは避けられない、
その黒々とした点がイヤ、という人がムダ毛処理の手段として使うもののひとつに「除毛クリーム」があります。

 

この除毛クリームを使用してのムダ毛処理について、メリットとデメリットを見ていきましょう。

 

除毛クリーム使用によるムダ毛処理のメリット

除毛クリーム使用によるムダ毛処理のメリットは、
なんといっても「カミソリでの処理と比べると、仕上がりが自然できれい」ということです。

 

除毛クリームというのは、ムダ毛を物理的に溶かすようにするものですから、毛穴の部分についても、
除毛クリームの成分が届くギリギリの範囲までムダ毛を溶かしてくれるため、
「毛の表面に、太いムダ毛の切り口がよく見える」などというようなことが、あまりないんですよ。

 

また、除毛クリームで溶かされたムダ毛は、毛先も「切り揃えたようなとがり方」をしておらず、
自然な感じで毛先が細くなっています。ですから少々ムダ毛が伸びてきても、目立ちにくいという特徴もあるのです。

 

あとさらに、毛抜きでの脱毛などと比べると、痛みがないというのも大きなメリットですね。

 

除毛クリーム使用によるムダ毛処理のデメリット

除毛クリーム使用によるムダ毛処理の最大のデメリットとなるのが、「肌表面が溶かされる」ということです。

 

除毛クリームはムダ毛を溶かしますが、基本的にたんぱく質を溶かすように作られているのであって、
「ムダ毛だけ」を溶かすように作っているわけではありません。

 

ですから、ムダ毛と同じようにたんぱく質が主成分となっている肌についても、
ある程度は「溶かしてしまう」というリスクがどうしても発生するわけなんですよ。

 

除毛クリームの「溶かし作用」によって、もっともダメージを受けるのは肌表面にある「角質層」です。
古い不要な角質が溶かされるだけならいいですが、そううまくは行きません。
「ある程度は必要な角質も溶かされる」ということは覚悟しておく必要がありますよ。

 

そのため、敏感肌の人は特に、除毛クリーム使用による肌トラブルに気をつけなければいけません。
また、たとえ普通肌の人であっても、「除毛クリームを使うたびに肌が少し溶かされる」ということを考えれば、
ひんぱんな使用は避けるべきでしょうね。