ワックス使用のメリットデメリット

「ムダ毛を引っこ抜く」というタイプのムダ毛処理と言えば、
毛抜きでのムダ毛処理が真っ先に思い浮かびますが、もうひとつ、
引っこ抜くタイプのムダ毛処理として挙げられるのが、ワックス使用によるムダ毛処理です。

 

ムダ毛が気になる部分にワックスをたっぷりとつけ、そのワックスが乾いたら、
ワックスごとムダ毛をひきはがす、というやり方です。

 

そんなワックスでのムダ毛処理のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

ワックス使用によるムダ毛処理のメリット

ワックス使用によるムダ毛処理のメリットは、なんといっても、
1本1本地道に抜いていくしかない毛抜きと違って、「一気に大量のムダ毛を引っこ抜ける」ということです。

 

毛根からの脱毛を大量に、しかも手っ取り早くやりたい、という人にとっては、重宝するアイテムだと言えるでしょう。

 

ワックス使用によるムダ毛処理のデメリット

一気に大量のムダ毛を引き抜けるワックス脱毛は、
手軽さと「一度の脱毛効果」においてはメリットがありますが、デメリットもそれに比例して大きくなります。

 

まず、毛穴への細菌感染のリスクは、1本ずつ抜く毛抜きでの脱毛でさえ発生するリスクですから、
大量脱毛するワックス使用の場合、このリスクも当然高くなります。

 

また、「毛穴が傷む」という点も見過ごせないデメリットです。

本来、毛抜きなどの「引っこ抜く」タイプのムダ毛処理は、
少しでも毛穴へのダメージを減らすために、毛の流れに沿って毛を抜く、というのが鉄則なのですが、

 

一気に広範囲のムダ毛を引っこ抜くワックス使用の場合、
ムダ毛自体が「生えている方向がバラバラ」という状態なので、いくつかの毛穴については、
毛の流れに逆らうようにして、かなり無理な抜き方になってしまう可能性があるわけです。

 

そしてさらにワックスでのムダ毛処理は、肌の角質をはがすリスクも高い、
ということも忘れてはいけません。ワックスが固まった際、肌にもある程度はりついてしまいやすいですからね。

 

こうして見るとワックスでのムダ毛処理というのは、
数ある自己処理方法の中でも「おすすめできない脱毛方法」の筆頭格に挙げられるということが分かってきます。

 

「勝負の日が近づいているのに、どうしても美容外科やエステにきちんとした脱毛をしに行く時間がない」
という「急ぎの場合」以外は、あまり使用しないほうがいいでしょう。