自分でやる、ワキの下のムダ毛処理

女性にとって気になるムダ毛NO1!

 

そして男性から見ても
「女性のムダ毛で気になるところ」のNO1!

 

にあげられるものと言えば、やっぱりワキ毛。

 

このワキ毛を自己処理する場合、どうしたらいいでしょうか?

ワキ毛の自己処理は「そる」のが基本!?

ではワキ毛の処理はどうすればいいのかというと・・・
自己処理だけで何とかしようと思うなら、カミソリ等でそるのが「一番マシ」な対処法と言えるでしょう。

 

カミソリでのワキ毛そりは、数日に一度くらいの頻度でおこなう必要があるので非常に手間がかかり面倒なのですが、
毛抜きのダメージを考えれば、まだこちらの方がマシですからね。

 

ワキ毛が少ない時は脱色も効果的

ワキ毛が多少あるもののそれほど濃くない、という場合は、脱色という手を使うのもおすすめです。

 

特に、「ワキに貼り付くようなワキ毛が数十本程度生えているだけ」というレベルであれば、
脱色するだけでほとんど見た目には分からなくなるでしょう。

 

カミソリや脱色剤を買うより脱毛エステがお得!?

おすすめの理由

  • 自己処理より簡単でキレイに!
  • 自己処理によるトラブルなし!
  • 自己処理よりも確実にお得!


MUSEE  PLATINUM  (ミュゼ)

女性の最も気になるムダ毛のワキ毛。
今ワキ毛の処理は自己処理から「ミュゼ」に乗り換えている方が多数。

 

その理由はもちろん自己処理よりも安く、簡単で、キレイになれるから!
両ワキの脱毛完了コースを期間限定の200円で体験できちゃうんです。

 

2014年7/31日までのWEB予約限定ですので今がチャンス!!(*´▽`*)

 

私も利用していますが、勧誘とかしつこいのかなぁなんて思ってましたが、
勧誘一切なし!その上もの凄く親切!もちろん脱毛効果も大満足しています!
たったの200円で気が済むまで通えるので絶対おすすめです!お店は大丈夫なのでしょうか(笑)

価格 備考 評価
200円 脱毛サロン初心者にもおすすめ

毛抜きでの脱毛はおすすめできない!

まず、ワキ毛と言えばどうしても「なるべく根本的な処理をしたい」という意識が強くなるので、
毛抜きやワックスでの脱毛をしようとする人が多いのですが、

 

じつはこれは「おすすめできない処理方法ナンバーワン」なのです。

 

なぜかというと、ワキというのはとても汗をかきやすい分だけ、雑菌の温床になりがちな部分でもあるからです。

 

毛抜きやワックスで毛を引っこ抜いてできた毛穴に雑菌が入ると、
細菌感染による肌トラブルを招いてしまう可能性があるのですが、
雑菌が多いワキ部分はそのリスクが特に高くなる、というわけです。

 

 

ワキ毛をカミソリで処理する際のポイントは、

ヘッドが小さくて、使い捨てタイプのものまたは、
手軽に刃が交換できるものを選ぶこと。

 

脇の部分の形は複雑なので、カミソリのヘッドが大きいと、そりにくくて肌を切ってしまうリスクが高まりますし、
ワキ毛は結構太いのでカミソリの刃が傷むのが意外と早いため、いつも「新しい刃」でそることが大切なのです。

 

そる方向は「毛の流れに沿う」というのが基本。
そり終わったあとは、ワキを洗い流すなど清潔な状態にしたあと、
保湿系のスキンケアをしっかりとおこない、肌をいたわっておきましょう。

 

また、「ワキ毛をそる」という行為を電気シェーバーでおこなう場合は、
そる際の方向はカミソリとは逆に「毛の流れに逆らうようにしてそる」というのがポイントです。