エステでの脱毛コース契約時の注意点

エステで脱毛コースを契約する場合、注意しておくべき点がいくつかあります。
そのことについて見ていきましょう。

 

契約前・契約時の書面は必ず受け取ろう!

エステで脱毛コースを契約したものの「聞いていた内容と違う」などということになっては大変です。

 

ですから、脱毛コースを契約する前にまず、「このコースはどんな内容で、料金はいくらなのか」
という概要が書かれた書類(概要書面)を受け取っておきましょう。

 

さらに、契約の際も、同様の内容が記された契約書面を受け取っておくことが大切です。

 

概要書面と契約書面を見比べて、違いがないかどうか、しっかり確認しておきましょう。
「そういえば契約時には自然と高い方のコースに誘導されていた」なんてことがあったら、困りますからね。

 

契約を済ませてからも、「これでいいのか」をもう一度考えよう!

エステの脱毛コースというのは、美容外科よりは多少安くなるケースが多いものの、
それでも家庭用脱毛機での脱毛などに比べると、やはり高額です。

 

ですから契約を済ませたあとでも、
「本当にこの脱毛コースを契約して良かったのか」ということを、もう一度、じっくり考えてみましょう。

 

そしてもし、「やっぱりあの時はエステティシャンの口車に乗せられていた」などと感じたら、
契約日から8日以内にクーリングオフの申請をしましょう。

 

「コース期間が1ヶ月オーバーで、なおかつ、料金が5万円オーバー」というコース内容であれば、
契約から8日以内は無条件でクーリングオフの対象となるのです。

 

クーリングオフは、のちの「クーリングオフを言った言わない」トラブルを避けるためにも、ハガキなどの書面で出しましょう。普通郵便として出すのではなく、クーリングオフ通知書の文面とあて先部分をコピーして保管した上で、簡易書留など、「配達の記録がきちんと残る形」で送るのがベターです。

 

また、コース料金をクレジット払いにしている場合は、
クレジット会社に対してもクーリングオフの通知を忘れず出しておく必要があります。

 

クーリングオフの効力の範囲

エステにクーリングオフを通知しようとしても、エステとしては当然面白くないですから、
あの手この手で「クーリングオフは適用できない」と言ってくることもあります。

 

ですが基本的には、エステでのクーリングオフは、
「期間1ヶ月超、料金5万円超」の2点を満たしていれば、「契約日から8日以内は『無条件』で解約できる」
という法的解釈があります。

 

たとえば、クーリングオフ期間内に「すでにコースの施術を1回受けてしまった」などという状況であっても、
クーリングオフは可能ですから、エステ側の言葉にひるまず、すみやかにクーリングオフの通知を出しましょう。

 

一番ダメなのは、「エステ側にクーリングオフができないと粘られて、
気がついたら契約日から8日の期間を過ぎてしまった」という状態になることですからね。

 

美容外科とクーリングオフ

クーリングオフと言えば、「もし、エステではなく美容外科で脱毛コースの契約をしたら、
これはクーリングオフの対象になるのか」というのは、ちょっと気になりますよね。

 

ですが残念ながら、美容外科の場合はクーリングオフの対象にはなりません。
なぜなら、医療機関との契約は、法的にもクーリングオフの適用外契約となっているからなんですよ。

 

ですから美容外科での脱毛コースを一度契約してしまったら、たとえ契約当日であろうと、
その解約は原則として、美容外科側の解約への同意が必要となるのです。

 

美容外科での脱毛は、「効果の高さ」という点ではメリットがありますが、
「クーリングオフが使えない」という点では、エステでの契約よりもさらに慎重になる必要がある、と言えるでしょう。