毛抜き使用のメリットデメリット

自分でのムダ毛処理と言えば、
昔ながらの「毛抜きで1本1本地道に抜いていく」という方法もまだまだ健在ですね。

 

毛抜き使用によるムダ毛処理のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

毛抜き使用によるムダ毛処理のメリット

毛抜き使用によるムダ毛処理のメリットは、「毛根からムダ毛を引き抜くことが可能」ということ。

 

いったん毛根を引き抜けば、また同じ毛穴からムダ毛が生えてくるまでしばらくの期間がかかるので、
肌の上に出ている部分だけをカットするカミソリでのムダ毛処理と比べると、効果が長持ちします。

 

しかも、ムダ毛を引き抜いた部分は炎症さえ治まれば、
次に生えてくるまではまさに「本当のツルツル」の状態を保てる、というのも嬉しいポイントですね。

 

カミソリでの処理では、目立たないようにすることはできても、
「触った感触もツルツル」という状態を何日も維持することはできませんから。

 

毛抜き使用によるムダ毛処理のデメリット

毛抜き使用によるムダ毛処理のデメリットとして真っ先に考えなければいけないのは、
「細菌感染のリスクが高くなる」ということです。

 

毛根からムダ毛を引き抜いた直後の毛穴というのは、
毛があった部分がぽっかりと開いてしまい、無防備な状態になっています。

 

この毛穴がぽっかり開いているうちに細菌が入り込むと、
細菌感染を起こして化膿などのトラブルを招いてしまうこともあるわけですね。
また、そこまで大げさな症状ではなくとも、赤身をおびた炎症レベルのトラブルを起こすことはしょっちゅうです。

 

色素沈着が起こりやすい

次に、「毛穴にも大きなダメージを与えるため、色素沈着が起こりやすい」という点も忘れてはいけません。毛抜きで引っこ抜いたムダ毛をよ~く見てみると、ムダ下の根元部分に、皮膚組織のようなものがついているケースが多い、というのが分かるはず。

 

そう、毛抜きというのは実は、毛穴回りの皮膚組織に大きなダメージを与える行為でもあるのです。これを繰り返すと、そのダメージによって毛穴が色素沈着を起こして黒くなっていく、というわけですね。

 

毛抜きによるムダ毛処理のデメリットはまだあります。それは「埋没毛」発生のリスクです。

 

毛抜きによるムダ毛処理は、すべての毛が毛根からうまく抜けるわけではなく、「皮膚の中で、途中でムダ毛が切れてしまう」という状態になることも少なくありません。

 

こうなると、「皮膚の中で切れた毛が伸びる前に、皮膚の修復・再生が先に行なわれ、切れたムダ毛の出口をふさいでしまう」という状態になることがあるのです。これが「埋没毛」というもので、出口を見つけられないまま皮膚の中で少しずつムダ毛が成長していくという、非常にやっかいな状態になります。

 

埋没毛を抜くには、それこそ皮膚をやぶって埋没毛を外に出すしかないのですが、
そんなことをすれば皮膚へのダメージはとんでもないことになる、というのは言うまでもありませんね。

 

そして最後に、当たり前の話ですが、毛抜きでのムダ毛処理というのは1本ずつしかできない、気の長い手作業となります。
ですからいくら「毛抜きで抜けば生えてくるまでに時間がかかる」と言っても、毛抜きでの処理そのものにかかる膨大な時間と多大なリスクを考えると、決して「ムダ毛処理のかしこい選択」とは言えないのです。