レーザー脱毛のメリットデメリット

レーザー脱毛は、数ある脱毛方法の中でも、特に人気が高い脱毛方法です。

 

そのメリットとデメリットについてお話ししましょう。

 

レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛最大のメリットは、
「レーザー光はメラニン色素をターゲットとして、そこだけを効率的に破壊できる」ということです。

 

レーザーのエネルギーがムダ毛にあるメラニン色素に吸収され、
そこでさらにそのメラニンから放熱をしてムダ毛にダメージを与える、という形になるため、
肌表面に出ている部分のムダ毛だけでなく、放熱パワーで毛根・毛乳頭にまでダメージを与えることができるのです。

 

レーザー照射は「光を拡散させず、集中したような形での照射」となるため、
照射点における毛乳頭へのダメージは「最強クラス」と言っていいでしょう。

 

毛乳頭が破壊されれば、もうそこからムダ毛が生えてくることはありませんから、
レーザー脱毛は「永久脱毛効果」が期待できる、画期的な脱毛方法のひとつなのです。

 

ちなみに、同じ「レーザー脱毛」と言っても、そのパワーのレベルはさまざまです。
一般的には、レーザー照射パワーの強い順から並べると、

 

美容外科のレーザー機器>エステのレーザー機器>家庭用レーザー脱毛機

 

という感じになります。

 

医療機関である美容外科では、医師免許を持った美容外科医が「医療行為」としての施術や管理をおこなうため、
思い切った強いレベルのレーザー照射ができるのです。

 

レーザー脱毛のデメリット

そんなわけで、「毛乳頭を破壊することによる永久脱毛効果」
については大きなメリットが見込めるレーザー脱毛ですが、デメリットもいくつかあります。

 

まず、光脱毛(フラッシュ脱毛)に比べて、照射範囲が狭いため、施術に時間がかかること。
次に、光を拡散させないタイプだけに、レーザーによる痛みの刺激が若干なりともある、ということ。
痛みのレベルについては、よく「輪ゴムではじいたような痛み」と表現されます。

 

また、レーザーはあくまで「ムダ毛そのもの」よりも「メラニン色素」に反応するものだけに、
たとえばホクロやシミなどがある場合、そのままレーザーを照射すると
ホクロやシミの部分に大きな肌ダメージを与えてしまう可能性があるというデメリットがあります。

 

そして・・・実はさらに、レーザー脱毛には「世間的にはあまり知られていないデメリット」も存在します。

 

それは、「レーザー脱毛をした部分は、汗をかく量が増えてしまう可能性が高い」ということです。
なぜレーザー脱毛で汗をかく量が増えてしまうのかというと、毛穴とつながるような形になっている
「アポクリン汗腺」にも、レーザーの刺激が到達してしまうからではないか、と推測されています。

 

ですから、元々から「大量のワキ汗に困っている」という人は、レーザー脱毛は避けた方がいいかもしれません。

 

もちろん、「レーザー脱毛後の汗の量の変化」というのには個人差があり、必ずしも汗の量が増える、
というわけでもありませんが、「汗が増える可能性はそれなりに高い」ということは事前に理解しておきましょう。