光脱毛のメリットデメリット

近年まで、「脱毛の最高峰はレーザー脱毛」というのが常識でしたが、
近年では光脱毛(フラッシュ脱毛)が、そのレーザー脱毛を追い抜く勢いで人気を集めています。

 

そんな光脱毛のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

光脱毛のメリット

光脱毛が、レーザー脱毛にとって代わる勢いで人気を集めている最大の理由は、
なんといっても
「フラッシュを広い範囲に照射で切るため、レーザー脱毛よりも、1回の脱毛にかかる時間が短くて済む」
「光の照射は広範囲で、しかも一瞬なのでレーザーのようなチクッとした痛みを感じることもほとんどない」

 

という、2点が挙げられるでしょう。

 

レーザー脱毛と比較して手軽で安全性が高い、という理由で、
エステや家庭用脱毛機市場での人気は、すでにレーザーを完全に追い抜いている、と言えます。

 

エステや家庭用脱毛機では、肌にダメージを与える可能性が高い「医療行為レベルの脱毛」はできませんから、
安全性の高い光脱毛は、そうしたところでの脱毛の「救世主」的な存在になったわけですね。

 

光脱毛のデメリット

そんなわけでエステや家庭用脱毛機市場で大人気の光脱毛ですが、いくつかのデメリットも見受けられます。

 

まず、最大のデメリットは、なんといっても「レーザー脱毛に比べると、脱毛効果が落ちるものが多い」ということ。

 

レーザー脱毛ほどの集中的な光ではなく、さらに「肌ダメージを軽く」と配慮されているだけに、
毛乳頭への刺激パワーはレーザーと比べるとワンランク落ちてしまう、というわけですね。

 

ですから1回あたりの脱毛については「短時間で済む、手軽」というメリットはあるものの、
「永久脱毛完了までにかかる期間」というのは、レーザー脱毛よりも長くなりがち、と考えておいた方がいいでしょう。

 

あと、光脱毛は「肌へのダメージが少ない」ということで油断されがちなのですが、
「メラニンに働きかけるタイプの脱毛メカニズム」である、という点はレーザー脱毛と同様です。

 

ですから、たとえ安全性が高いフラッシュ照射であっても、ホクロやシミなどがある部分には、
ダメージを与えてしまうことになる、というわけですね。

 

「安全なフラッシュだから」と油断せず、ホクロやシミを避けたり完全に隠したりした上での脱毛を心がける必要があるのです。