電気脱毛(ニードル脱毛)のメリットデメリット

レーザー脱毛や光脱毛が主流となる前の時代、
美容外科やエステでの脱毛の主力となっていたものが電気脱毛(ニードル脱毛)です。

 

電気脱毛というのは、毛穴に専用器具の針を刺してそこから電流を流し、毛乳頭を破壊するというタイプの脱毛方法。

 

この電気脱毛のメリットとデメリットについてお話ししましょう。

 

電気脱毛のメリット

電気脱毛最大のメリットは、「適切な施術であれば、ほぼ確実に毛乳頭を破壊できる」という点です。

 

なんといっても、毛穴に直接針を通し、そこに電流を流して、毛乳頭に直接電流刺激を与えるという施術方法ですから、
「毛乳頭に電流が到達しさえすれば、確実にダメージを与えられる」という物理的根拠があるわけです。

 

電気脱毛で流す電流は、直接電流、高周波、そして、直接電流と高周波のブレンド電流とがあります。

 

特に効果が高いと言われるのはブレンド電流で、毛乳頭の破壊率がもっとも高く、
「無駄のない確実な永久脱毛」を考える人にとっては、これ以上のものはない、と言われるほどです。

 

電気脱毛のデメリット

「毛乳頭を破壊する」という確実性においては、右に出るものがいない電気脱毛ですが、
そんなすぐれた効果を持つ電気脱毛が、なぜレーザー脱毛や光脱毛(フラッシュ脱毛)に、
「脱毛の主役」の座を明け渡すことになったのかというと・・・

 

レーザー脱毛や光脱毛とは比べものにならない、大きなデメリットをいくつか抱えているからです。

 

電気脱毛の最大のデメリットは、なんといっても「肌トラブルのリスクが高い」ということです。1本1本の毛穴に電気針を刺していく、という方法を取るわけですから、必ず肌には物理的な刺激が加わるのです。この施術を「まったくのノーダメージでやる」というのは、たとえ腕のいい美容外科医であっても不可能です。

 

ですから、美容外科において電気脱毛をする際は、痛みを感じさせないために局部麻酔をする、
というところも多いですね。逆に言えば「局部麻酔が必要なほどの痛みが出る可能性がある」ということなんです。

 

電気脱毛による肌トラブルは、「毛穴が赤くなる」「毛穴をヤケドしてしまう」「毛穴に最近が入り、
細菌感染を起こしてしまう」などといったものが代表的ですよ。

 

つまり電気脱毛というのは、「数ある脱毛方法の中でも、特にハイリスクハイリターン」だということです。

 

エステでの電気脱毛は「やってはいけない」

さて、電気脱毛と言えば、エステでもこれをやっているところがいくつかありますが、
結論から言えば、エステでの電気脱毛は、絶対にやってはいけません。

 

なぜなら、電気脱毛というのは、「毛穴に針を刺す」という、れっきとした医療行為。
場合によっては、局部麻酔が必要なほどに痛みが出てしまうような、リスクの高い脱毛方法です。

 

これほどリスクの高い脱毛を、医療機関でもなく、麻酔処置もできないエステが取り扱う、
というのは非常に危険なんですよ。

 

また、「電気針をうまく毛穴に刺せるかどうか」は、施術者の腕に大きく左右されるのですが、エステティシャンというのは民間資格で「これができなければエステティシャンになれない」という厳格な基準はありません。ですから、悪質なエステサロンの場合だと「素人同然のエステティシャンが施術する」という可能性もあるのです。

 

こうなると、電気脱毛のリスクは恐ろしいほどに跳ね上がります。しかも、そうした危険行為を平気でやろうとするエステサロンは、たいていの場合、トラブルが起こったときのアフターフォローもいいかげんになりがちで、「肌トラブルだけが残って、泣き寝入り」という最悪の結果になる可能性もあるのです。

 

電気脱毛というのは、医療機関である美容外科での施術でさえ、大きなリスクがともなう脱毛方法なのです。
これほどリスクの高い脱毛をエステでやるというのは、「絶対に避けるべきこと」だと認識しておきましょう。